“歌怪獣”島津亜矢、演歌を封印したコンサートで観客を魅了「楽しかったで?す」

“歌怪獣”島津亜矢、演歌を封印したコンサートで観客を魅了「楽しかったで?す」

※島津亜矢オフィシャルブログより

演歌歌手の島津亜矢が27日に自身のアメブロを更新。26日に東京オペラシティコンサートホールで行った、“演歌”を封印したコンサート『SINGER』の終了を報告し、感想をつづった。

『SINGER』は、島津が演歌を封印してポップスや洋楽のカヴァー曲をオーケストラの演奏で披露するというもの。今年で3年目となる今回のコンサートチケットは発売直後に売り切れるほどの人気ぶりをみせた。

同日は、昨日9月25日に発売された、カヴァーアルバムシリーズ『SINGER 6』に収録されている『時代』(中島みゆき)、『蕾(つぼみ)』(コブクロ)をはじめ、『I LOVE YOU』(尾崎豊)、『My Heart Will Go On』(セリーヌ・ディオン)など全18曲を披露し、1600人の観客を魅了した。

この日、島津は「東京オペラシティでのコンサート無事終わりました」と報告。「たくさんの熱ーいお客様にお越しいただけましたこと、心から感謝致しております」「ありがとうございました」と謝辞を述べた。

続けて、「演歌を歌う私と、違う私を少し感じていただけましたら、嬉しいです」と述べ、「楽しんでいただけましたでしょうか?私は!!!!!!楽しかったで?す」と満足した様子。「また、来年ももしやらせていただけるなら、もっと楽しめるように精神を鍛えます」と述べ、スタッフらとの集合写真などを公開した。

この投稿に「本当に素晴らしいコンサートをありがとうございました」「感動しました!!メッチャ良かったです!!」「年々グレードアップしてます」「来年も是非参加したいです」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)