だいたひかる、“病院と医師の選び方”に言及「自分の人生がかかっている」

だいたひかる、“病院と医師の選び方”に言及「自分の人生がかかっている」

※だいたひかるオフィシャルブログより

お笑いタレントのだいたひかるが26日に自身のアメブロを更新。読者から寄せられた“病院と医師の選び方”の質問に回答した。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

乳がんを患ってからは病院と医師の選び方について随分と慎重になったと明かし、「説明を細かく丁寧にしてくれる、病院と先生を選ばせて貰っています」と回答。さらに、「納得して治療する事が精神的に落ち着くので、落ち着く病院と先生を一番求めています」といい、「自分の人生がかかっているので、妥協はできない所です」と強調した。

現在の主治医についても言及しただいた。「お世話になっている主治医は、将来こういう可能性があるから、これをした方が良いと、(骨粗鬆症になりやすいから歯をみた方が良いなど)先手を打った治療を提案してくれるので、とても、やり甲斐のある治療をさせて貰っています!」と満足の様子でブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)