中村江里子、家族水入らずのバカンスを振り返り「楽しく、穏やかな時間でした!! 」

中村江里子、家族水入らずのバカンスを振り返り「楽しく、穏やかな時間でした!! 」

※中村江里子オフィシャルブログより

フリーアナウンサーでフランス在住の中村江里子が27日に自身のアメブロを更新。家族で過ごした夏のバカンスの様子をつづった。

中村は「この夏のヴァカンスの最後。家族だけで数日間過ごしました!!」と報告。夏のバカンスを振り返り、「どこの場所も、お宅も素敵でしたが・・やはり私にとってはこの最後の数日間が本当に身体の力が抜け、楽しく、穏やかな時間でした!!」と感想を述べた。

中村一家はサントロペから車で移動し、岬に建つホテルに滞在したといい、「プライベートビーチは美しく、水が透き通っていて・・・私の足元がよく見えます」と水辺の写真を公開。続けて「長女はプールの中で読書タイム」「男性陣はプールの中でおしゃべり」など家族の様子を写真で公開した。

続けて、朝食の時にオーダーしたスムージーについてきたストローが竹だったことを説明し、「実はフランスではストローやお皿、カトラリーといった使い捨てのプラスティック製品の使用を禁止とする準備を進めています」と説明。「すでにスーパーのレジ袋は数年前から配布を禁止」「2020年1月1日からは使い捨てプラスティックは禁止」と述べ、「この夏、レストランなどは全て竹や紙、金属のストローになっていました」と述べた。

子ども達は学校で環境汚染についてしっかり学んでいるとも述べ、「教えられることも沢山あります。日本ではいかがですか?学んで、考え、行動し、それが小さなことだとしても、将来につながるのならとすべての人が意識を持ったら・・・と期待したいです」とつづった。

関連記事(外部サイト)