アグネス・チャン、“乳がん生存12年記念パーティー”を報告「生きている事に感謝」

アグネス・チャン、“乳がん生存12年記念パーティー”を報告「生きている事に感謝」

※アグネス・チャンオフィシャルブログより

歌手のアグネス・チャンが28日に更新した自身のアメブロで“乳がん生存12年記念パーティー”をしたことを報告した。

アグネスは、2007年に乳がんの摘出手術を受けたが、この日は「私の乳がん生存12年記念パーティーでした。日本中、中国からもファンが集まり、凄く楽しかったです」と報告。「乳がん記念日は決まってインド料理をいただきます」と“乳がん記念日”恒例のインド料理を食べたことをつづった。

続けて、参加者らと交流している様子や、インド料理の写真を公開。「話もできて、じゃんけん大会もしました。テレビ番組が密着していました」とパーティーの様子を明かし「本当にたくさん笑って、感動した。生きている事に感謝です」と感激している様子でコメント。

また、参加者と「スペシャルバーション」の三三七拍子をしたといい「「チャンチャンチャン、チャンチャンチャン、チャンチャンチャンアグネスチャン」でした!」「胸熱!感動したよ!」と「スペシャルバーション」の三三七拍子に感動したようで、「ファンの皆さん、本当にありがとうござます!またやりましょうね!とっても嬉しかったです」と感謝をつづり締めくくった。

関連記事(外部サイト)