元ヤマンバギャル・あぢゃ、ポケベルへの感謝をつづる「本当に、今までありがとう」

元ヤマンバギャル・あぢゃ、ポケベルへの感謝をつづる「本当に、今までありがとう」

※あぢゃオフィシャルブログより

元『Popteen』モデルで元ヤマンバギャルのあぢゃが1日に更新した自身のアメブロで、9月30日でサービスを終了した『ポケットベル(無線呼び出しサービス)』の思い出をつづった。

この日、あぢゃは「きゃー ポケベルが配信終了になっちゃった」と悲しそうにつづり、「私、お姉ちゃんがいるから、ポケベル借りたり、お古もらったりしてて、ポケベルの思い出は数知れず」と当時ポケベルを持っていない時でも「持っている風」に見せびらかしていたというポケベルチェーンの写真を公開。

続けて、告白にもポケベルを使用したといい、「先輩に告白した時にイキナリポケベルが鳴って 74 て入ってなにかと思ったら、無し って事でフラれたり」「オッケーの時は、数字のゼロが入っきてマルって事で付き合ったりもしたし」と思い出のエピソードをつづった。

さらに「889とか49とか、、、わかる??」と問いかけ「早く。至急って意味ね」と説明。「結構頭使ってアレコレ言葉考えたなぁ」と懐かしそうに述べ「電話ボックスで、ポケベルの文字を打って相手に入れるまでに相当な十円玉が減っていった。。。それまでは、お小遣いで、お菓子とか買って、胃袋に入っちゃうから全く価値が分からなかったけど、電話ボックスで、十円玉がチャリンチャリンって落ちていくあの音ww」と振り返り「お金って本当に有難いって感じたもんなぁ」とつづった。

ブログの最後では「本当に、今までありがとう 今の文明があるのは、あなたのおかげ」とポケベルへの感謝をつづり「夢の中であいましょーね いい夢見ろよ!」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)