小川菜摘、結婚30周年祝いのプレゼントに感激「本当に有り難くて嬉しくて」

小川菜摘、結婚30周年祝いのプレゼントに感激「本当に有り難くて嬉しくて」

※小川菜摘オフィシャルブログより

タレントの小川菜摘が2日に自身のアメブロを更新。夫でお笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功との結婚30周年を、スタッフが祝ってくれたことを報告した。

この日、小川は「10月8日で、結婚30周年を迎える私をお祝いをしてくれました」と、マネージャーやスタイリストなど「チーム菜摘」がお祝いをしてくれたことを報告。「ホテルオークラ東京のめちゃくちゃ素敵で美味しい中華をご馳走してくれて」と明かし、結婚30周年を意味する「真珠婚おめでとうございます」という文字の入ったデザートプレートを用意してくれたことも写真とともに紹介した。

さらに小川は「記念日とHAMADAのネーム入り土鍋」と「夫婦の似顔絵」をプレゼントされたことも報告。小川と浜田が肩を組み寄り添っている似顔絵について「この2人のポーズどこかで見た気が、、」と述べ、30年前の披露宴で列席者に渡した、オリジナルテレホンカードの写真のポーズだったことを説明した。

しかし小川は「ん?でも服装が全然違う、、、」と気付いたといい、「誰がこのイラスト描いてくれたの?」といぶかしんでいたところ、スタッフからは「その服の色で考えて下さい」と告げられたといい、小川も「ああ?!! これもしかして「銀シャリ」の漫才する時の衣装!!!!!!」と思い当たった様子。自身のマネージャーはお笑いコンビ・銀シャリの担当でもあることから、「よくよく見るとイラスト右下に「銀しゃり うなぎ」て書いてある」(原文ママ)「鰻くんにお願いして描いてもらったんだって」と説明した。

小川は「鰻君めちゃくちゃ絵が上手い」「忙しいのに本当にありがとう」と感謝を述べ、「素敵なサプライズプレゼントに本当に有り難くて嬉しくて」「このチームが居るからこそ私は安心して仕事が出来るしこのチームの為にも頑張らなきゃって思います」と気持ちを新たにした様子。「これからもこんな私をどうぞ宜しくお願いします」と述べ、「ウチの親びんにもちゃんと報告しました」「皆んな大好き」(原文ママ)といいブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)