尾木ママ、アルマーニ制服問題を一刀両断「おかしすぎる!」

尾木ママ、アルマーニ制服問題を一刀両断「おかしすぎる!」

※尾木ママオフィシャルブログ・ヘッダー

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が先月28日、自身のアメブロを更新。東京・銀座にある中央区立泰明小学校が、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」がデザインした標準服を4月より導入することについて言及した。

先月20日に更新したブログで「貧乏人は来るな?!と言わんばかりの排除の論理」「矛盾も限界ではないでしょうか?」と持論を展開していた尾木氏。先月28日更新したブログでは、泰明小学校の児童が「これがアルマーニか?」などと声をかけられる嫌がらせが発生していることに言及し「おかしすぎる おかしすぎる! 銀座のアルマーニ制服小学校 登下校途中に嫌がらせされ」「もちろん、子どもたちに絡む大人たちが絶対的に悪い。直ぐにやめるべきです」と一刀両断、厳しく批判した。

続けて泰明小学校の校長に向け「アルマーニ校長 児童がいやがらせ受けると アルマーニ制服導入の延期,再検討するのが常識なのに なんと税金使って、中央区教育委員会に警備員4人も見守りのために雇い始めたのです」と呼びかけ、「子どもの安全,安心より 独断専行を最優先させるのです! ひどいと呆れて悲しくなります! さっぱりわからないです!!」と訴えかけた。

この投稿に「自分が誘発している事、考え方がズレ過ぎてる事、どうして認められないんでしょうね!」「「子どもの為」に働く人ではないのに教育の仕事をしていいのかどうか疑問です」「ここまできて貫き通そうとするのは、「気持ちが分からない」「考えようとしない」からじゃないですか?」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)