山?賢人、本郷奏多に素顔を見抜かれる「”楽観主義”と言われました」

山?賢人、本郷奏多に素顔を見抜かれる「”楽観主義”と言われました」

山?賢人、本郷奏多に素顔を見抜かれる「”楽観主義”と言われました」の画像

11月3日(金・祝)、映画『氷菓』の初日舞台挨拶が行われ、山?賢人、広瀬アリス、小島藤子、岡山天音、本郷奏多、天野菜月、安里麻里監督が登壇した。

人気ミステリー作家・米澤穂信のベストセラー〈古典部〉シリーズの幕開けとなった小説を実写映画化した映画『氷菓』は、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする"省エネ主義"の折木奉太郎(山?賢人)が好奇心MAXお嬢様の千反田える(広瀬アリス)にひっぱられ、日常に潜む謎を次々と解き明かしていく物語。

ダブル主演を務めた山?と広瀬は、「初日にお越しいただき、ありがとうございます。1年半前の撮影からやっと観てもらえるということで、観客の皆さんはどんな感情か気になります!今日は楽しんでください。(山?)」、「やっと初日を迎えることができて嬉しいです。たくさんの人に観ていただけるように、私たちも頑張りたいと思います。(広瀬)」と挨拶。今まさに映画を観終えた観客からは、「感動した!」、「よかった!」などの歓声が飛び交い、山?と広瀬も感動した様子で「嬉しいです!」と喜びをコメントした。

主人公の奉太郎の「省エネ主義」にかけて、今後の抱負としての「●●主義」を問われると、山?は「さっき(本郷)奏多くんに聞いたら、“楽観主義”と言われました。どこか楽に考えてしまう節があるので、今後は思い立ったらすぐ行動することを心がけたいですね。例えば、朝起きたときに眠いとか考える隙も与えないくらい。「眠い」という考えを超えるというか、起きちゃう主義ですね(笑)」と宣言。つづく広瀬はアウトドアを始めたいと語り「インドア派なので、スカイダイビングに挑戦したいです!」と新たな願望を明かした。

さらに山?の親友である岡山は「僕は、賢人から学ぶ主義です」と山?愛を告白し、「自分はネガティブなので、良い意味で肩の力を抜く感じは賢人の良さだと思うので、見習いたいです」と仲の良さをアピール。山?も「天音が演じた里志はデータが豊富な役なのですが、実際にも天音は物知りで、学ぶことが多いです」とまさに相思相愛の様子だった。

最後には、会場に集まった観客とともにフォトセッションを行い、イベントは大盛り上がりのうちに幕を閉じた。

映画『氷菓』は大ヒット上映中。

関連記事(外部サイト)