壁ドン王子・山?賢人が「学生時代にやり残したこと」

壁ドン王子・山?賢人が「学生時代にやり残したこと」

壁ドン王子・山?賢人が「学生時代にやり残したこと」の画像

11月5日(日)、映画『氷菓』の公開御礼イベントが行われ、ダブル主演を務めた山?賢人、広瀬アリス、そして安里麻里監督が登壇した。

映画『氷菓』は、やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする“省エネ主義”の折木奉太郎は、姉の命で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきたお嬢さま・千反田える。「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるに巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく、謎解き青春学園エンタテインメント。

上映後の会場に登場した山?賢人と広瀬アリス、安里麻里監督は、「今日はお越しいただきありがとうございます。上映後なので、なんでも話せますね。短い時間ですが楽しんでください(山?)」、「本日はありがとうございます。短い時間ですが楽しんでください(広瀬)」「できたてほやほやの上野でイベントができて光栄に思っています(安里監督)」と公開を迎えた喜びをコメントした。

本イベントでは、事前に公式SNSで募集していた山?と広瀬に聞いてみたい質問&悩みの中から選ばれた質問に対し、本作のテーマ「謎解きは手短に」にかけて、お2人がズバッと回答することに。

好きな人にアタックする方法を問われると、広瀬は「私ならすぐに自分の気持ちを言ってしまいますね。ダメ元ですぐに言ってしまうんです」と告白。つづく山?は「今の自分を受け入れてアタックするしかないんじゃないでしょうか。その時の感情に任せて・・」とアドバイス。安里監督も「素直に言うことが大事!」と女子トークに花を咲かせた。

また、高校生に戻りたいと思ったことと、大人になって楽しかったことを教えてくださいという質問に、山?は「色んな映画で高校生役をやって、こんなに気持ちのいい青春があるんだなと感じることができました」と学生役を多く演じてきた山?ならではの回答が。すると広瀬は「リアルに今の高校生は壁ドンとかあるのかな?」と会場に投げかけると、観客の中に壁ドン経験者を発見。広瀬は「こういう映画が影響を与えているのかも」とコメントし、山?は「壁ドン、すればよかった・・・」と嘆くと、会場は笑いに包まれ大盛り上がりとなった。

反対に、大人になって楽しかったことは、2人揃って先輩やスタッフとお酒を飲めるようになったことと回答。広瀬は「先輩とごはんに行けるようになって、大人の自己責任ということで、夜遅くまで長くお話しできるのは楽しい」と語り、山?は現場の男性スタッフからとくに愛されているようで「スタッフとの打ち上げの時間は素敵ですよね。お酒の時間は楽しい」と、それぞれ大人ならではの時間の楽しみ方を明かした。

最後に、「今回は高1までの話なので、高2、高3と続いたらいいなと思いますが、早くやらないと制服がつらくなるので・・(笑)また、『氷菓』の舞台挨拶でお会いできると嬉しいです。(広瀬)」、「この作品は、バラ色の学生生活が良いと思っていた奉太郎が、ある事件をきっかけに灰色のままでも良いかも、と思う所がおもしろいと思います。最後には自分の生き方を見つけられると思うので、広めていただけると嬉しいです。本日はありがとうございました。(山?)」と挨拶し、観客も大満足のイベントは幕を閉じた。

映画『氷菓』は、大ヒット公開中。

関連記事(外部サイト)