だいたひかる、病気を公表して実感した事「一人で抱え込む事ないですよ!」

だいたひかる、病気を公表して実感した事「一人で抱え込む事ないですよ!」

※だいたひかるオフィシャルブログ・ヘッダー

お笑いタレントのだいたひかるが8日に自身のアメブロを更新。病気を公表して良かった事をつづった。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

この日だいたは、乳がん宣告を受けたという読者から寄せられた“周りの人に話して良かった点、良くなかった点などありますか?”という質問を取り上げると、まず公表したタイミングについて「自分がガンになるまで、ガンの事に詳しくなかった」と前置きし、「全摘だとか抗がん剤でつるっ禿げだとか」「人々を脅す事や同情を買おうとするのが嫌だったので、しっかり治療してから、公表しようと思っていました」と説明。

その上で公表して良かった事について「ガンの方々や家族の方とブログなどを通して、編集のないリアルなノンフィクションを知れる事です!元気に長生きされている方々を、知る事ができた」と回答。公表してからは「私も実は乳がんで…とか、父がガンで…など」「稀な事ではないんだと実感しました」といい、「一人で抱え込む事ないですよ!でも無理は良くないので、言いたくなければ言わなくて良いと思います」とエールを送り、さらに「私はガンを公表して悪かった事は、無かったですよ!」と力強くコメントした。

この投稿に読者からは「ひかるさん、いつもぶっちゃけてくれていてありがとうございます。もう、すごくすごく救われています。」「癌になった人にしかこの気持ちは絶対に分からないので、私はひかるさんのブログで自分の気持ちをぶちまけさせてもらっています。ひかるさんいつもありがとうございます。」「私は、あまり気にせずさらっと癌ですって言ってます。ありのままの自分を見てもらえばいいと思っています。」「古い友人にはざっくばらんに、「(自分の話と)健康診断受けたほうがいいよ?」と話しています」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)