パンサー尾形の妻、無理して料理を作った過去「猛烈にオシャレな生活に憧れていた」

パンサー尾形の妻、無理して料理を作った過去「猛烈にオシャレな生活に憧れていた」

※尾形あいオフィシャルブログより

お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘の妻・尾形あいさんが14日に更新した自身のアメブロで、おしゃれな生活に憧れて無理な生活をしていたことをつづった。

家を購入した当時は「猛烈にオシャレな生活に憧れていた時」と振り返り、テーブルの上の料理とともに写る夫の写真を公開。この写真についてあいさんは「いまはなき、テーブルの上までオシャレにしてるこの感じ。」「人生でいまだかつてちゃんと食べたこともないアクアパッツァとやらも作ってみちゃったり。」と説明し、「生活スタイル(食)まではやはり無理がありました。夫婦共々オシャレなごはんが苦手、、、」と明かした。

グラス片手に写る夫の写真も公開し、「パパのこの顔よっっっ!笑っ」「無理してます。って顔!!!」とツッコミを入れ、「家でこのグラスを使ったのもフォークで料理を食べたのも多分この時の数回だけですね。」と真相を明かして締めくくった。

この投稿に「憧れと現実は違いますよね……」「ウチもウチもー笑」「家族が楽しく気を使わないで過ごせる事が一番良いのかもね!」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)