だいたひかる、入院中にしていた事を振り返る「ガンを紐解けば」

だいたひかる、入院中にしていた事を振り返る「ガンを紐解けば」

※だいたひかるオフィシャルブログより

お笑いタレントのだいたひかるが15日に自身のアメブロを更新。入院中にしていた事を明かした。

この日「入院中にしてた事」というタイトルのもと「最近もガンの本を読む事があるのですが…」と切り出すと、「一番ガンについて知ったのは入院中でした」と告白。「ガンは何故なるのか?ガンと、どう付き合えば良いのか?」「病院でガンの集中講座を一人でしていました!」と述懐した。

さらに「ベッドの上が図書館の本で散らかっていている写真」(原文ママ)と当時の写真を公開し、「ガンを紐解けば命は延びると確信し、ガンは第二の人生の耕しの期間だと思いました」と考えを振り返った。

この投稿に読者からは「私も本を持参で入院しました」「だいたさんの「第二の人生耕しの期間」って言葉に救われました」「いつも前向きで自然体のひかるさんに、釘付けです!」などの声が寄せられている。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

関連記事(外部サイト)