加護亜依が声がかすれた状態でラジオ収録 「ハスキーボイスで申し訳無い気持ちで」

記事まとめ

  • 加護亜依が夏風邪を引き、声がかすれた状態でラジオ収録を行ったことを報告した
  • 医師からは「今日は一日おしゃべり無しね!」と言われたという
  • 「ハスキーボイスで申し訳無い気持ちで たのしんできますね」と語った

加護亜依、「おしゃべり禁止」を言い渡されるもラジオ収録へ

タレントの加護亜依が、5日に自身のアメブロを更新。夏風邪を引き、声がかすれた状態でラジオ収録を行ったことを明かした。

加護は「先日娘ちゃんが突然の高熱が出てすぐ平熱に戻ったんですが 今日は、つぐつぐが高熱....」と、38.9℃と表示された体温計と息子の写真を公開、「上がったり下がったりブログには書かなかったけど よく風邪を引きます!」と明かし「というわけで今日はお出かけせずに お家でゆっくりしています!早く良くなるといいね」と息子に添い寝する自身の写真を公開した。

また、加護自身も「三週間前から夜になると咳が出ちゃって... 冷房のせいかな?花粉なのかな?風邪なのかな?咳だけ 全然治らないから困ったぁ」とつづり、「のおかげで今日は超ハスキーボイスです!!」と明かした。

翌日更新されたブログでは、「喉は全然痛くないし腫れてもない ただただ掠れている」と状況がよくなっていないことを明かし、「ケアはこちらで!マヌカハニーと喉スプレー!」と写真を公開、「あとは今朝病院に行き 吸入して来ました!」と治療の様子について明かした。

また、医師から「今日は一日おしゃべり無しね!」と言われたものの、「いや、これからラジオ収録です ハスキーボイスで申し訳無い気持ちで たのしんできますね」とやむを得ず喋らなければいけないことを明かし、「色々喋ろうっと」とつづってブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)