森口博子、弁当を作ってくれる83歳の母に感謝「とっても元気な母でいてくれて、幸せです」

森口博子、弁当を作ってくれる83歳の母に感謝「とっても元気な母でいてくれて、幸せです」

※森口博子オフィシャルブログより

歌手でタレントの森口博子が24日に自身のアメブロを更新。弁当を作ってくれる83歳の母に感謝した。

この日母が森口のために弁当を作ってくれたといい写真を公開。「豚のオイスターソース炒め」「アボカドとゆで卵のマヨネーズ和え」「がめ煮」「パプリカとオクラのボイル」とメニューを紹介し「いつもいつのまにか、出来上がっていて、驚きます」とコメント。

さらに弁当について、「何度、作らなくてもいいよって言っても(笑)」「私が元気が出るから」と母が作ってくれる理由を説明し、「幾つになってもとっても元気な母でいてくれて、幸せです」と母への感謝の言葉を述べた。

その後森口は演歌・歌謡曲情報バラエティ番組『宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星』(歌謡ポップスチャンネル)に出演したことを報告し、番組MCのフリーアナウンサー・宮本隆治、アシスタントで歌手・女優の相田翔子との3ショットを公開。「ガンダムのカバーアルバムの想いや、これまでの事、語らせて頂きました」「宮本さんや 相田翔子ちゃんの深いお言葉に泣きそうでした」とつづった。

この投稿に「お母さんのお弁当美味しそうですね!」「やはり母には、毎日感謝ですね」「私の方まで気持ちが温かくなって来ます…」「お母様の愛情いっぱいですね」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)