だいたひかる、“整形をしたくて仕方なかった”と明かす「小2で鼻の成長が止まって」

だいたひかる、“整形をしたくて仕方なかった”と明かす「小2で鼻の成長が止まって」

※だいたひかるオフィシャルブログより

お笑いタレントのだいたひかるが29日に更新した自身のアメブロで、整形手術をしたかったと明かした。

この日、だいたは「結婚後に変わったバッグの趣味」というタイトルでブログを更新。動物好きの夫が「動物のバッグ」をお土産に買ってきてくれることがあるといい、「私は犬とハムスターしか飼ったことがなくて、一般的には動物好きには入らないと思うのですが…」と述べつつ「結婚後に持ち物だけは…にわか動物好きみたいな事になっています」と明かし、動物をモチーフにしたかばんを公開。さらに「裏地も可愛いです」と嬉しそうにつづった。

また、その後「整形をしてみたかった若い頃」というタイトルでブログを更新し、幼少期の写真を公開。「この頃から勿論、顔が平らですが…幼少の頃と小学校2年生の頃と…鼻の高さの飛距離が伸びず…小2で鼻の成長が止まって」とコメントし小学校2年生頃の写真も公開。

高校生の頃から「整形をしたくて仕方なかった」と明かすも「今は結果しなくて良かったと思っています!」とのことで、「自然体が一番だと、年と共に思うようになりました」と考え方に変化があったようで「鼻は呼吸が出来れば十分です!」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)