モー娘。生田 ももち引退で「ハロプロには自分可愛いという人必要」

モー娘。生田 ももち引退で「ハロプロには自分可愛いという人必要」

※モーニング娘。'17 Q期オフィシャルブログより

モーニング娘。'17の9期メンバー・生田衣梨奈(19)が、6月30日に東京・青海野外特設会場で行われた『嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち』の感想をブログに綴っている。

“ももち”こと嗣永桃子(25)は、2002年にハロー!プロジェクト・キッズとしてデビュー。その後、Berryz工房のメンバーとして活動し、Berryz工房活動停止後はカントリー・ガールズのプレイング・マネージャーとなった。そして、アイドル生活15周年を迎えた2017年6月30日のラストライブをもって、芸能界を引退する。
モーニング娘。'17として、嗣永桃子ラストライブのオープニングアクトに登場した生田。ライブの本編については、
「野外でのライブ!!
とっても素敵でした
衣装も全部可愛くてとってもいい!!
しかも!
嗣永さんのソロ輝きすぎ!!

カントリーガールズになった時の
面白さ!!!」

と、大感動。また、嗣永本人に対しても、

「嗣永さんは一緒にバラエティ番組に
出た時も本当に凄いなっておもうし!
えりが大好きな
ヒルナンデスに出てる時の面白さ!!」

と、その“面白さ”に尊敬の念を抱いているようだ。さらに、

「やっぱりハロプロには自分の事を
可愛いっていう人がいなくてはならないと
ちょっと思っちゃった!!!」

と、嗣永のような「ナルシストキャラ」がハロプロに必要だと実感していた。ちなみに、生田も過去には「自分可愛い」と発言していたこともあったが、最近はあまり言っていない。しかし、ラストライブで輝く嗣永に触発されたのか、

「えりはもっともっと
可愛くなりたい!!!!!!
可愛さに限界なんてないから!!!」

と、可愛くなりたいという気持ちが爆発していた。

関連記事(外部サイト)