金爆・樽美酒研二 喉に細菌&声帯やられ、「薬漬け」明かす

金爆・樽美酒研二 喉に細菌&声帯やられ、「薬漬け」明かす

※樽美酒研二オフィシャルブログより

エアーバンド・ゴールデンボンバーの樽美酒研二(35)が、喉が不調で薬漬けになっていることを明かし、何種類もの薬の写真を公開した。

10月1日、2日と豊洲ピットでファンクラブイベントを行っていたゴールデンボンバーだが、その翌日の起床時に樽美酒は声が潰れて出づらくなっていたそう。病院に行ったところ、

「喉チンコ付近がパンパンに腫れてるって
何らかの原因で喉に細菌が入ったらしい
その上に無理して声出したから声帯もやられてるって」

と診断を報告。声を出すような仕事は2、3日無いというが、この先はライブなどたくさんの仕事が待ち受けているといい、ファンからも、

「忙しいと思いますが、できる限り喉を休めてくださいね。
早く良くなりますように」
「研二さん大丈夫か?!」
「痛いし、声でないし、たいへんですね」
「無理をしないでくださいね
お大事に…」

などと多くの心配の声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)