若槻千夏がKABA.ちゃんと“出稼ぎ”の野沢直子と会い「夏が来た」

若槻千夏がKABA.ちゃんと“出稼ぎ”の野沢直子と会い「夏が来た」

※若槻千夏オフィシャルブログより

タレントの若槻千夏が、自身のブログに野沢直子とKABA.ちゃんのツーショット写真をアップした。野沢はアメリカ人の夫と結婚してから活動拠点をアメリカに移しており、アメリカで舞台をしながら、年に1?2回日本に帰国して芸能活動をしている。

毎年夏に「出稼ぎ」と称して帰国するため、若槻も「夏が来ました」というコメントとともに、野沢の写真を公開した。写真には野沢とプライベートでも仲の良いKABA.ちゃんが写っており、その美しい姿に、「KABA.ちゃんすごい綺麗になった!」「かばちゃん??めっちゃ外人さんみたい!」とのコメントが寄せられている。

KABA.ちゃんは、昨年3月に性別適合手術を行った。声も女性のものにし、戸籍名も椛島永次から椛島一華という女性名に変更し、新たな人生を歩み始めている。

KABA.ちゃんは、昨年6月にAbemaTVで放送された、若槻がMCを務める番組「若槻千夏と生で行ってみた」で自身の受けた整形手術や性転換手術について激白している。お台場を周遊する屋形船に乗りながら、若槻が「顔削ったよね」と聞くと「輪郭も削ったし、頬も寄せたわけ。でもこれ(が限界)なわけ」とため息をついた。次は豊胸をしたいと語っていた。

また、ボイスチェンジ手術については、全身麻酔で喉をバッサリ切って喉を小さくし、喉ぼとけも削ったのだと明かした。女性の声は一般的に200?300Hzで、手術直後のKABA.ちゃんの声は290Hzと高めだったという。性転換手術については、術後も穴がふさがらないように1日2回詰め物をしていると経験者ならではの体験を告白。実際に手術を受けたいと思っている人に、KABA.ちゃんの体験は勇気を与えると若槻は感想を述べた。そして、色々話してくれる人がいるといい、と感心していた。

関連記事(外部サイト)