戸塚純貴『ドクターX』撮影現場で西田敏行の誕生日祝い「これぞ唯一無二の俳優」

戸塚純貴『ドクターX』撮影現場で西田敏行の誕生日祝い「これぞ唯一無二の俳優」

※戸塚純貴オフィシャルブログより

俳優の戸塚純貴が7日に自身のアメブロを更新。木曜ドラマ『ドクターX ?外科医・大門未知子?』(テレビ朝日系)の出演者らと、俳優・西田敏行の誕生日を祝ったことを報告した。

同ドラマは女優の米倉涼子がフリーランスの天才外科医・大門未知子を演じる人気シリーズの第6弾。「私、失敗しないので」という独特の台詞で人気を博している。戸塚はドラマの舞台となる東帝大学病院の若手外科医・多古幸平を演じ、西田は東帝大学病院の院長・蛭間重勝を演じている。

この日、戸塚は同日に放送された第4話について言及。ドラマ内での蛭間の存在について「滑稽さもありながら、有無も言わせぬ怖さもある。ドクターXに置いて必要不可欠な絶対的存在です」(原文ママ)とつづった。

続けて、「そんな蛭間重勝こと、西田敏行さんのお誕生日を現場でお祝いさせて頂きました」と米倉や女優の内田有紀、俳優の遠藤憲一、鈴木浩介、武田真治、市村正親らキャスト陣が西田とケーキを囲む写真を公開。「探偵ナイトスクープ西田局長、ど真ん中世代としては、現場でご一緒させて頂けることもお誕生日のお祝いまで出来たことはとても、光栄なことでございます」と感激を述べた。

西田について「現場では、絶対に台本通りにやらない」と明かし、「予想ができず毎回新鮮な気持ちでお芝居をしている姿にたくさん刺激を受けています」とコメント。「これぞ唯一無二の俳優である。これからもたくさん勉強させて頂きます!」と述べ、「西田さん、誠におめでとうございます」と祝した。

この投稿に「蛭間院長、本当に面白くて『ここ絶対アドリブっぽいな』と探すのも楽しいです」「ちゃんと場に合った演技をしてるのすごいなって思ってます!」「毎週木曜日が来るのがすごく楽しみ」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)