石川恋、漫画の実写ドラマ化で初の連ドラヒロイン「気合い充分」

石川恋、漫画の実写ドラマ化で初の連ドラヒロイン「気合い充分」

※石川恋オフィシャルブログより

モデルで女優の石川恋が、7月13日(木)スタートのテレビ東京系連続ドラマ『さぼリーマン甘太朗』に土橋香奈子役で出演することをブログで発表した。

同ドラマは、原作・萩原天晴、漫画・アビディ井上による同名漫画の実写ドラマ化で、主人公・飴谷甘太朗役に歌舞伎俳優の尾上松也、甘太朗が勤務する出版社の販売営業部の同僚として石川、皆川猿時の出演が決定している。

原作を読み世界観に衝撃を受けたという石川は、
「O.A前にこれだけは言っておきたいです。
ただのグルメドラマではありません!(笑)
この世界観をどのように実写化できるのか、、
クランクイン前には想像ができなかったからこそ、わくわくしました。
また、今回はありがたいことに自身初の連ドラでのヒロインということで、気合い充分で撮影に入りました!」
と初の連ドラヒロインに意気込みを見せた。

原作のキャラクターを忠実に再現し笑顔を封印して挑んだという撮影に、
「今まで挑戦したことのなかった表現の仕方が多く、個人的には良い意味で自分の殻を破り思いっきり挑戦できた作品になりました。」
とコメントした。

また、俳優・渡部篤郎が主演する7月スタートのフジテレビ系日9ドラマ『警視庁いきもの係』にも警察博物館の受付嬢・三笠弥生役で出演が決まっている石川は、
「1クールの間に全く異なる物語に全く違う役柄(むしろ正反対かも)で参加できるというのは、とても貴重で大きな経験ですし、それぞれの世界観を大事に、今出せる力を出し切って全力で頑張りたいです!」
と全力を尽くすことを誓った。

関連記事(外部サイト)