市川右團次 『陸王』美術部スタッフの徹底したこだわりをブログで紹介

市川右團次 『陸王』美術部スタッフの徹底したこだわりをブログで紹介

※市川右團次オフィシャルブログより

歌舞伎役者の市川右團次が10月31日に自身のアメブロを更新、自身も出演しているドラマ『陸王』(TBS系)の美術スタッフのこだわりを紹介した。

この日は野外でのロケであったようで、「競技場でのロケ…」というコメントと共に、劇中で登場する企業「ダイワ食品」のロゴが大きくプリントされた看板が競技場に設置されている様子や、自動ドアにも同じロゴのシールが貼られている様子、更には「こはぜ屋」というロゴがプリントされたダンボールなど、美術スタッフの細部までのこだわりを紹介。

その他にも、競技場内に貼られている陸上大会のポスターや、工事を周知する貼り紙など、一見気づかれないような場所にまでもリアルさを追求したスタッフに対し、「美術部さんスゴイ!」と称賛の声を贈っていた。

同ドラマは『下町ロケット』や半沢直樹シリーズなどを著した池井戸潤の同名小説が原作。
老舗の足袋業者・こはぜ屋がその再起をかけて、足袋の技術を活かしたランニング用シューズの開発に向けて奮闘する姿を描いたヒューマンドラマだ。2017年10月期の日曜劇場枠として10月15日より放送されており、主演の役所広司の他、山崎賢人、竹内涼真、上白石萌音、阿川佐和子、ピエール瀧、寺尾聰ら豪華キャストが名を連ねる。

関連記事(外部サイト)