ニッチェ・江上、年齢を感じた瞬間にしみじみ「お粥が沁みます」

ニッチェ・江上、年齢を感じた瞬間にしみじみ「お粥が沁みます」

※江上敬子オフィシャルブログより

お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が12日に更新した自身のアメブロで、年齢を感じたという瞬間を明かした。

この日江上は、「最近、暴飲暴食し過ぎて胃腸がちょいと疲れ気味。。。なのでお粥にしました」と、ロケからの帰宅途中にお粥を食べたことを報告。

そして「昔はどんなに疲れてても、カレーかボルシチ食べてたなぁ」と若い頃との変化をつづり、「自分の身体を労らなきゃいけない歳になったということだ。。お粥が沁みます」と、しみじみとコメントした。

これに対し読者からは、「お疲れさまです」「仕事の疲れもあるんですよ、きっと。」「胃袋とお袋は大切に」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)