上白石萌音、歌手デビューから1年「酸いも甘いも心に刻み歩いてゆきます。一歳!ありがとう」

上白石萌音、歌手デビューから1年「酸いも甘いも心に刻み歩いてゆきます。一歳!ありがとう」

※上白石萌音オフィシャルブログより

女優で歌手の上白石萌音が5日、歌手デビューから1年経ったことを自身のアメブロで報告した。

上白石は「今日で、歌手デビューから1年! 大好きな歌と、これからも貪欲にそしてじっくりと向き合い、皆さんに届けられるように心を込めて歌っていきます。いつも本当にありがとうございます。これからもこんなわたしをよろしくね」と直筆で書かれた手紙の写真を公開。

続けて「いつも、本当に本当にありがとうございます。歌のために、お芝居のために、これからも酸いも甘いも心に刻み歩いてゆきます。一歳!ありがとう」とファンへの感謝をつづった。

この報告に「素敵な歌に、いつも頑張る力ををいただいています」「綺麗な歌声に癒されています」「女優として歌手として、大きく羽ばたいて欲しいです」と激励のコメントが続々と寄せられている。

上白石は2016年10月5日にミニアルバム『chouchou』で歌手デビュー。主人公・宮水三葉役の声も務めた大ヒットアニメ映画『君の名は。』の主題歌を担当したロックバンド・RADWIMPSの楽曲『なんでもないや』のカバーや、SFアニメ映画『時をかける少女』の挿入歌でシンガーソングライター・奥華子の楽曲『変わらないもの』のカバーなどが収録されている。

関連記事(外部サイト)