くわばたりえ、子ども達との“戦いごっこ”で敵役になった際の対処法に「ナイスアイデア」「やります!」の声

くわばたりえ、子ども達との“戦いごっこ”で敵役になった際の対処法に「ナイスアイデア」「やります!」の声

※くわばたりえオフィシャルブログより

お笑いコンビ・クワバタオハラのくわばたりえが3日に更新した自身のアメブロで、子ども達との遊びで敵役になった際の対処法を紹介した。

この日、くわばたは「うちは男の子ですが、仮面ライダーごっこがいつもで、私は敵役でヘトヘト」という読者からのコメントを紹介し、「私のヘトヘト対策を教えたい!」と自身の対策を紹介。「最近は 戦いごっことか しなくなったけど数年前は、永遠に続く勢いの敵役をやってたんや」と明かした。

くわばたは「流石に疲れるから ザ・妖怪石になってみたらめっちゃ楽&子供達は大盛り上がり!」と説明。「お母さんは、妖怪石になります!と言って座るだけ」「何をされても石やから動かなくてもいい!」とメリットを明かす一方で、「でも、それやと動いて!動いて!と言われるから たまに舌をペロッと出す」「攻撃される度に舌をペロッ。本当に痛い攻撃をしてきたら石のままで」とポイントも説明した。

すると子ども達も「オリャ?」と叩く素振りだけになるといい、「次は色々なバリエーションを加える」「舌をペロッ」「メェ?と羊のマネ」などアイデアを紹介。「子供達は大爆笑!私は永遠と座っているだけ」「是非 お試しあれ」と呼びかけた。

この投稿に「疲れず楽しく皆盛り上がる ナイスアイデア!!」「それ…採用しちゃいましょう」「やりますやりますやります!」「20年前に知りたかった」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)