野田聖子氏、息子の手術痕に言及「風呂上りのとき、つい見てしまう」

野田聖子氏、息子の手術痕に言及「風呂上りのとき、つい見てしまう」

※野田聖子オフィシャルブログより

衆議院議員の野田聖子氏が3日に自身のアメブロを更新。10月23日に「右室肺動脈導管交換術」という約7時間に及ぶ手術を受けた息子・真輝くんについてつづった。

この日、「ヨタヨタ…」というタイトルでブログを更新した野田氏は、「ここのところ、公私ともオーバーキャパ。ゆえに、ブログ書き込み無理無理、でした」と近況を報告。「今晩も早めの帰宅だったのに、気がつけば、ソファで失神?」「ムスコさんに起こされ、正気に。せっかくの彼との時間、無駄にしてしまったなり」とつづった。

野田氏は真輝くんについて、「元気。風呂上りのとき、つい見てしまう手術の痕さえ気にしなければ、健康優良児」と述べるも、「しかし、この手術痕こそ、鉄母を政治へと突き動かすのです」と説明し、「ヘロヘロでも、がむばるぞ」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)