鈴木亮平、警察官姿のオフショットを披露し「お似合い」「1月が楽しみ」の声

鈴木亮平、警察官姿のオフショットを披露し「お似合い」「1月が楽しみ」の声

※鈴木亮平オフィシャルブログより

俳優の鈴木亮平が4日に自身のアメブロを更新。2020年1月にスタートする日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)でのオフショットを披露した。

同作品は週刊漫画誌『モーニング』(講談社)で連載されていた東元俊哉氏による同名漫画の実写版。平成元年に起こった連続毒殺事件の直前にタイムスリップした青年が、犯人として逮捕された父の無実を信じて立ち上がり、過去を変えることに挑むというもの。俳優の竹内涼真が主人公の田村心(たむら・しん)を演じ、鈴木は竹内の父・佐野文吾(さの・ぶんご)役として出演する。

この日、鈴木は「最近は1月から始まる新しい連続ドラマの撮影に励んでいます」「「天皇の料理番」以来の日曜劇場へ出演させていただきます」と報告。ドラマのあらすじを説明し、「主演は竹内涼真くん。僕はその父親・佐野文吾役を演じます。警察官です」と衣装姿のショットを公開した。

鈴木は同ドラマについて「何より、とにかくストーリーが本当に面白い」と絶賛し、「この素晴らしいストーリーをどのようにドラマに変換して皆さんにお伝えしていけるのか。この一点に心を砕いています」とコメント。「そして、やっぱり「芝居って面白いなぁ」と、改めて感じている日々です」とも述べ、「面白くなりそうです。楽しみにしていてくださいね」と呼びかけた。

この投稿に「久しぶりのドラマですね。待ってましたっ!」「毎週亮平くんを観れると思うと嬉しい限りです」「警官の制服姿お似合いです!」「制服姿がかっこよすぎて1月が楽しみ?」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)