ニッチェ・江上、朝食の残りで作った“大学生飯”「鍋のまま食べてやったぜ」

ニッチェ・江上、朝食の残りで作った“大学生飯”「鍋のまま食べてやったぜ」

※ニッチェ・江上敬子オフィシャルブログより

お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が6日に更新した自身のアメブロで、朝食の余りの食材で作った“大学生飯”を公開した。

この日、江上は「朝食のあまりで大学生飯!!」というタイトルでブログを更新。前日の朝食で残った食材を「インスタントラーメンの中にぶち込んで、炊き込みご飯のあまりと一緒に食べるという、大学生みたいな飯」を作ったようで、写真とともに説明。

続けて「ぐへへ!!!鍋のまま食べてやったぜ」と楽しそうに述べつつ「良い子は真似しないでね」と補足した。

また、炊き込みご飯はサバ缶で作ったといい「といだお米2合に、ほぐした舞茸とにんじんの細切りを入れて、鯖缶水煮を汁ごと入れて、麺つゆ大さじ2、お酒大さじ1、チューブ生姜10センチ入れて、2合の目盛りまでお水入れて、調味料がお水に混ざるように少しかき混ぜてスイッチオン!!」と作り方を説明し「鯖くささが気になる方は、炊く時少しごま油入れてもいいかも」とポイントをつづった。

この投稿に読者からは「鯖缶炊き込みご飯レシピありがとうございます!今度作ってみます」「炊き込みご飯とても美味しそう」「炭水化物祭り?ばんざーい」「大学生飯、いいっすね(笑)気取らないところが好き」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)