堀ちえみ、娘とTDLを満喫「手術後克服できたのか、怖いと思わなくなり、抵抗なく乗れるようになりました」

堀ちえみ、娘とTDLを満喫「手術後克服できたのか、怖いと思わなくなり、抵抗なく乗れるようになりました」

※堀ちえみオフィシャルブログより

今年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみが9日、自身のアメブロを更新。術後怖いと思わなくなったものについて明かした。

堀はこの日、娘と東京ディズニーランドへ行ったといい、「ランチを堪能した後、エントランス付近でドナルドに遭遇」と、ディズニーキャラクター『ドナルドダック』と娘・彩月(さつき)さんの2ショット写真を公開。「とても嬉しそう」と堀も嬉しそうな様子でつづった。

また、アトラクション『スプラッシュ・マウンテン』に乗ったという堀は「以前は絶叫系アトラクションが、全くダメだった私ですが…手術後克服できたのか、怖いと思わなくなり、抵抗なく乗れるようになりました」と、絶叫系のアトラクションが怖くなくなったことを告白。

さらに、「むしろ楽しくて楽しくて!一番前に乗れたので、迫力あるうえに、思いっきり水をかぶりました(笑)彩月と大爆笑。バケツをひっくり返したぐらいに、水をかぶりましたよ?」と楽しそうな様子で振り返った。

そんな堀は、「一日で3大マウンテンを制覇したかったけど…スペースマウンテンがメンテナンス中で、動いていなかった為に無理でした」とつづりながらも、ディズニー映画『アナと雪の女王2』のスポットやパレードを2回見るなど、園内を満喫した様子を明かした。

これに対し読者からは「手術・治療・検査・リハビリを一生懸命頑張った!!ご褒美でしょうか」「楽しいのが伝わってきます!笑」「風邪ひかないように!」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)