平祐奈、初のホノルルマラソンを振り返る「もうゾンビでした」

平祐奈、初のホノルルマラソンを振り返る「もうゾンビでした」

※平祐奈オフィシャルブログより

女優の平祐奈が14日に更新した自身のアメブロで、8日に行われた『JALホノルルマラソン2019』に初参加した感想をつづった。

この日、平は同マラソン大会について振り返り、「1ヶ月前に走る事が決まり 走り方も分からない私が初のマラソンチャレンジ!!」と改めて説明。「やはり人間に不可能はないですね」と述べ、「5時間21分で完走しました」と結果を報告した。ゴールの瞬間については、「もうゾンビでした」「お水を1本まるまる飲み干して 笑ってしまうくらい足がフラフラになってた」と明かした。

しかし一方で、「走りきった後の爽快感が半端じゃなかった!!」とも述べ、「1日経ったら、、、また走りたい!今度は5時間切りたい!って気持ちになってて。完全にマラソン中毒になったみたいです、わたし。笑」と告白。「21歳でこのような貴重な経験をさせて頂けたこと 私の生涯大切な思い出となりました」と感謝を述べた。

平のチャレンジの様子は、同マラソンに密着した『第47回JALホノルルマラソン』(TBS)で来年1月13日に放送されるといい、「ぜひそちらをご覧下さい」ともアピール。ブログの最後では「人生はチャレンジの繰り返し!私はもっともっと何事にもチャレンジしていくよ!」「これからも楽しみばかり!ここからがスタート。よーし」と意気込んだ。

この投稿に読者からは「祐奈ちゃん、完走お疲れ様でした」「よく頑張ったね〜」「この思い出は一生モノだねっ」「ファンとして誇りに思います」「いつも頑張るエネルギーをありがとう」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)