キンタロー。地下鉄内でショックだった出来事「とても悲しかったです」

キンタロー。地下鉄内でショックだった出来事「とても悲しかったです」

※キンタロー。オフィシャルブログより

お笑い芸人のキンタロー。が17日に更新した自身のアメブロで、地下鉄でのショックな出来事をつづった。

この日キンタロー。は、ランチはカレーを食べに行くと決めていたようで、気分上々に地下鉄に乗り込んだという。しかし、乗車中に「ショックな事がおきてしまいました!!」とのこと。

その時起こったことについて、「電車に乗ってて、降りる時に突然止まる人いません?出口付近でその様な方に今日遭遇しまして。。お姉さんだったのですが その拍子にバランス崩してしまい、その前方にいたおばさまのかかとあたり?を少し踏んでしまいました」とハプニングを報告。キンタロー。はすぐに謝ったそうだが、おばさまは「いっったぁ??いっ」と「ブチギレてこられました」という。

その後の状況はというと、「こわっ ってなりまして そのままエスカレーター乗ってたらピタリと私の真後ろをマークされ エスカレーターの長い長い移動のなかで背後でずーーっと「こんちくしょうが! ちっ!、いったいのに」的な事をずっと言われ続けると言う地獄にあいました トホホ。。」と落ち込んでしまった様子。

続けて「もちろんわざとじゃなかったし、そんなさ、ずっと怒るほどさ、足も踏んでなかったし ちょっと触ったくらいだったのに。。怒りっぽい人だったのかな。。」と意気消沈の様子で、「なんかとても悲しかったです 都会は怖いね。。」「さみしい。。」とコメントした。

そして、お昼に入ったインドカレー屋では、先ほどの女性らしき人がまさかの隣席。「緊張感が途端にはしります。。」「折角の美味しいカレーの味がしない 折角今日は朝からカレー屋さんに行くときめていたのにっ」とつづるも、「なんだか動揺しすぎて ナン。。ハーフなんを気付いたらおもわずおかわりしていました。。。」(原文ママ)「おばさまが去られた後に おかわりの味を噛み締めました」と、念願のカレーは美味しく食べられた様子。

なお、キンタロー。はこの一連の出来事が起きている間、状況を夫に打ち明けており、改めて更新したブログ記事によれば、帰宅した夫は「今日は大変だったねと労いの一言と頭をなでなでしてきた」とのこと。さらに食事に出かけようと誘ってくれたという。

「このままでは1日を締めたくはない」と一日をモヤモヤした気持ちで終わらせたくない様子のキンタロー。は「良い事を見つけよう そちらに目を向けよう」とつづると、カレーが美味しかったことや夫が労ってくれたこと、また読者から寄せられたコメントに勇気づけられたことにも触れ、「よし!! 元気でてきたぞ なーに食べよっかなー」と明るく締めくくった。

これらの投稿に読者からは「ドンマイよ?」「大変でしたね」「気にしない!気にしない!」「旦那さんも優しくしてくれて良かったですね」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)