堀ちえみ、子ども達がしていた習い事「合う子と合わない子がいて」

堀ちえみ、子ども達がしていた習い事「合う子と合わない子がいて」

※堀ちえみオフィシャルブログより

タレントの堀ちえみが26日に自身のアメブロを更新。子ども達がしていた習い事を明かした。

この日、堀は外の掃き掃除の際に見つけた濡れ落ち葉の写真を公開し、「バイオリンみたいでしょう?」「一晩雨に濡れたのね。艶々です」とコメント。バイオリンについて「子供たち5人習いました。でも合う子と合わない子がいて。結局長く続けたのは、こうへいと楓季と彩月だけ。他の子はピアノに移行してしまいました」と明かした。

ピアノについては「7人とも習いました」と説明し、「あっ!意外かも知れませんが…うちの主人はピアノが弾けます!」ともコメント。「引っ越すまではピアノを置いていたので、日曜日の朝は主人の弾くピアノの音色が、リビングに流れていました」と明かし、「ビートルズのナンバーが多かったです。懐かしいなぁ」と振り返った。

現在の家への引っ越しの際にピアノは手放したといい、「今は彩月の部屋にある、キーボードで弾きたくなった時に、弾いているっていう感じですね」と説明。「たまに一人が弾き始めると、みんなが弾きたくなり(笑)取り合いになっています」と家族の様子をつづった。

この投稿に読者からは「バイオリンとピアノ…憧れるなぁ」「ピアノを弾くパパって素敵!」「楽器の音色が自宅から流れるなんてとても贅沢な空間ですよね」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)