辻希美 10歳になる娘に足のサイズを抜かれたことを報告「ぬ、ぬ、ぬ、、、ぬかれた」

辻希美 10歳になる娘に足のサイズを抜かれたことを報告「ぬ、ぬ、ぬ、、、ぬかれた」

※辻希美オフィシャルブログより

元モーニング娘。のメンバーで、タレントの辻希美が、6日に更新したブログで、9歳の娘に、ついに足のサイズを抜かれたことを報告している。

この日の夕方、今月26日に10歳になる娘・希空ちゃんのショッピングに付き合ったという辻。3人の子供のうちで唯一の女の子ということもあって、「ぁーでもなぃ こぉーでもなぃ って言いながらの買い物は 親としては凄く友達感覚で嬉しいです」と、楽しい買い物をしたようだ。

そんな中で辻が驚いたのは、「noaの靴のsizeが24cmだった事に 衝撃をうけました」と、希空ちゃんの成長ぶり。辻の足のサイズは23cmだそうで、とうとう抜かれてしまったのだ。

実は2年前、2015年10月13日のブログで、「前日、お去年の洋服を衣替えしてだしたけど、ほとんど着れなくなっていてびっくり 足のサイズも22cmだし リアルに後2年で抜かされちゃう気がします」と、書いていた辻。予想は的中で、「ぬ、ぬ、ぬ、、、 ぬかれた」と、驚きを隠せない様子だ。

ちなみに辻は、希空ちゃんの身長についてもかねてからブログで言及しており、「1学期ごとに約4cm伸びていて 一年間合わせて約12cm伸びてました この勢いで計算すると ちょうど今140cmだから… 来年の今頃は私と同じ身長ね」(2017年2月6日)、「今身長が145cmあり、身体測定の用紙を見ると一カ月1cm伸びてるから この計算で行くと 半年後は私と全く同じ目線」(2017年9月22日)と、希空ちゃんの成長ぶりを随時報告。身長153cmの辻は、「これからは私 つねに厚底靴を履こうかな笑笑笑」とおどけてみせていた。


関連記事(外部サイト)