堀ちえみ、ブログは「生きている」を伝える唯一の手段だった

Amebaが2019年に最も注目されたブログに贈る「BLOG of the year 2019」を2月6日に発表。タレントの堀ちえみが最優秀賞を受賞した。昨年はブログで舌がんを発表し、闘病生活を経て芸能界に復帰した堀ちえみ。彼女の今の心境について話を聞いた。


?BLOG of the year 2019最優秀賞を受賞した感想を教えてください。


「病気を通して感じた色々な思いをつづったブログが認められて、リハビリの大変さや心の揺れが報われた気がします。先ほどトロフィーを手にしたんですが、ズシッとした重みがあり、私がこの1年頑張った重みかなと思いました。

舌がんだったので舌の一部を切除し、喋ることが絶望的だと覚悟していた中、自分が『生きています、存在しています』と伝える唯一の手段がブログでした。舌がんの知識がなかったので早期発見ができずステージもあがってしまい、切除範囲も広がり、その後の障害も残ってしまった。もし、ブログを読んだ方で同じような症状があれば、少しでも早く病院に行って欲しいという思いがあり、発信をしてきました。」


?ブログの楽しさはなんでしょうか


「普段なら通り過ぎてしまう出来事が、ブログをやっていると目にも心にも止まり、それを残そうという気持ちになることですね。心に留める、目に焼き付けることが自然にできるようになりました。創作意欲がどんどん湧いてくるので、写真を撮る量も増えました。ブログをやってなかったら、ここまで写真を撮ってなかったんじゃないかな?」


?コメントは読んでいますか?


「もちろんです!芸能活動ができなくても焦らなかったのは、皆さんからの温かいコメントがあったから。

私のブログは、読者のみなさんのコメントも含めてブログです。病気と戦っている方、身内が病気で大変な思いをしていらっしゃる方、入退院を繰り返していらっしゃる方…様々な方が、長いコメントをご自身の経験談を入れて大切に書いてくださる。労力もいるし、簡単にできることじゃないですよね。皆さまからのコメントを読むと『負けてなんていられない!』と勇気をもらえます。私自身の情報収集の場にもなっていますし、読者の方同士のコミュニティにもなっているので、ありがたいなと思います。」



?最後に、2020年はどんな年にしたいですか


「2年後にデビュー40周年を迎えるので、それに向けてリハビリとボイストレーニングを頑張っていきたいです。3カ月かかってやっと1曲歌えるようになったのですが、20曲ぐらいは習得したい。

ブログでは、同じがんサバイバーの方に向けて発信をして力になりたいですね。あとはコメントで皆さまから沢山の癒しをいただいたので、講演会やトークショーで直接お会いして生の声でも恩返しができればと思っています。」



<堀ちえみ NEWS>

Stage For? 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ(扶桑社)

舌がんの「ステージ4」と診断され、手術により舌の6割以上を切除。さらには食道癌 か? 発覚し?。絶望の中、家族の愛に支えられて生還した彼女が、苦しみや葛藤、生きる素晴らしさについて、赤裸々に明かした一冊が好評発売中。


関連記事(外部サイト)