アンジュルム勝田里奈が大物演出家を「優しくてずっと笑っててかわいい」と褒める

アンジュルム勝田里奈が大物演出家を「優しくてずっと笑っててかわいい」と褒める

※アンジュルム オフィシャルブログより

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」の勝田里奈が10月6日、上演中の舞台『演劇女子部「夢見るテレビジョン」』の裏側をブログで報告している。

『演劇女子部「夢見るテレビジョン」』はアンジュルム主演の舞台。昭和40年代のテレビ業界で夢に向かって切磋琢磨する若者たちの姿を描いた青春物語だ。演出は、ドラマ『高校教師』、『ATARU』などを手がけた、吉田健氏が担当する。

勝田は、そんな吉田健がスマホで写真に撮られている姿を写真に収め、ブログで公開した。

「優しくてずっと笑っててかわいいっていう言葉が毎日絶えません(笑)」

と、大物演出家に対し、まさかの「かわいい」という褒め言葉で形容している。親しみやすさを感じている勝田だったが、

「ドラマ『わたしを離さないで』の演出もされていたそうで、毎週見てたやつだったからびっくりしました!」

と、自分が見ていたドラマを演出していたということを知り、驚いている様子だった。

また、この日は、ハロー!プロジェクトの仲間であるモーニング娘。のメンバーたちと、ハロー!プロジェクトのファンであることを公言しているモデルで女優の新木優子が観劇に来ていたという。勝田もまた、新木のファンだったということで、

「まさかお会いできるなんて本当にうれしかったです
写真も撮っていただいたんですがうれしすぎてblogにupしても大丈夫か聞くの忘れちゃったので思い出にします
顔ちっちゃかったし優しかった
ほんとにかわいかった?」

と、大喜びだった。

『演劇女子部「夢見るテレビジョン」』は、10月15日まで東京新宿の全労済ホール/スペース・ゼロで公演中。本編終了後には「スリーミニッツトークショー」として、出演者数名によるアフタートークも行われる。

関連記事(外部サイト)