亀田興毅、“ホンネロス”と明かす「それだけ凄い番組だったんだな」

亀田興毅、“ホンネロス”と明かす「それだけ凄い番組だったんだな」

※亀田興毅オフィシャルブログより

元プロボクサーの亀田興毅が7日アメブロを更新。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のAbemaTV『72時間ホンネテレビ』(2日午後9時から5日午後9時まで生放送)に出演したことを報告した。

「楽しかった72時間ホンネテレビ。アベマTVは凄い事に挑戦している」と自身のワンシーンを公開。続けて「今まさに歴史が変わるかもしれない瞬間に立っているのか。。だが決して簡単な事では無く、むしろ険しき高い壁…」とつづり「今後どのようになっていくのか、一ファンとして引き続き見守っていきたい」と思いを語った。

続けて自身の別のワンシーンを公開し「ホンネテレビが終わって未だ余韻がある。それだけ凄い番組だったんだな。これがホンネロスという事か…。」と“ホンネロス”を明かした。

さらに「夢のような時間」と題した6日の投稿でも、番組関係者への感謝とねぎらいをつづるとともに「歴史的な瞬間に少しでも関われて幸せに思っています」とコメント。「最後のエンディングが凄く感動的で思わず目頭が熱くなってしまう不覚を取ってしまった事は内緒にしておこう…」と稲垣ら3人と亀田3兄弟との集合ショットを公開した。

本番組では亀田3兄弟の他にも、お笑いコンビ・爆笑問題、歌舞伎俳優の市川海老蔵、俳優の山田孝之、元大阪府知事の橋下徹氏が出演し、総視聴数も同局過去最高を記録したことでも話題に。亀田3兄弟は3人とパンチ力対決、カラオケ対決、エアホッケーを競う“ガチバトル”を繰り広げた。

関連記事(外部サイト)