TRF・DJ KOO、病気から復帰し心境の変化 引きこもるのをやめ思ったこと

TRF・DJ KOO、病気から復帰し心境の変化 引きこもるのをやめ思ったこと

※DJ KOOオフィシャルブログより

ダンス&ボーカルグループ・TRFのDJ KOOが7日、自身のアメブロを更新。病気から復帰後の心境の変化をつづった。DJ KOOは2017年9月初頭に『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)の収録で頭部に脳動脈瘤が発見され、手術・自宅療養の結果、11月24日に自身のブログで活動再開を報告していた。

2月末から仕事やイベントで各地に足を運んでいるというDJ KOO。以前は地方などに行っても夜は食事には出かけず、「ホテルの部屋で引きこもってるタイプだった」というが、病気から復帰してからは「せっかく体も元通りに(元通り以上に!)元気になったのだから!!各地の美味しい物を食べて、色んな人ともワァーワァー話して、なんか、そーいうのやっぱり良いよなって!!」と思い直し、スタッフ達と食事に出かけていると明かした。

続けて「最近のうまかった物」として、長野県・松本市のスープカレーや、山梨県の甲府牛ステーキ、東京・麻布十番にある創作料理店『麻布春秋』の豪勢な料理の数々を写真で紹介。2月27日に更新したブログでは娘の大学合格を報告しており、それに伴い外食を解禁し、東京・銀座の『回転寿司 根室花まる』で寿司を堪能したことも写真で報告した。

DJ KOOは「やっぱり物をおいしく食べられてこそ健康ですよね!!」と呼びかけ、「一生懸命働いたり、家事したり、勉強したり、何をするにもエネルギーが必要だから!!皆の食欲がそそってくれたらです!!」(原文ママ)と、ホイップクリームたっぷりのパンケーキを前に笑顔を見せる自身の写真も公開した。

関連記事(外部サイト)