若槻千夏の冠番組最終回で謎の展開 父親が番組参加

若槻千夏の冠番組最終回で謎の展開 父親が番組参加

※若槻千夏オフィシャルブログより

タレントの若槻千夏(32)が、自身の冠番組『若槻千夏と生で行ってみた』(AbemaTV)が最終回を迎えたことをブログで報告している。

同番組は、最近の若者の流行などを生放送で解き明かすという内容。最終回にはゲストとしてお笑いコンビ・ナイツの塙宣之(38)と土屋伸之(37)が登場した。

「初めは通常通りロケでしたが
後半はお店に移動して
今まで来てくれたゲストのみんなが集まってくれました!」

と最終回ならではのドッキリでこれまでのゲスト陣が集合したことを明かし、

「こんなに大勢来てくれて
めっちゃ豪華メンバーな最終回でした!」

と感謝の気持ちを伝えている。さらに、

「謎に
私の父親がいきなり渋谷にいて番組参加。。笑」

と父親という男性の写真を公開。その後の収録にも、

「一番左に、しれっと座ってる父親。。笑」

と父親は参加したことを報告。父親の登場が偶然であったのか最初から決まっていたことなのかは明かされていない。これを受けて読者からは、

「ラストって聞いて、びっくりしました」
「復活してください。
水曜の楽しみが減りました」

など番組終了を惜しむ声のほか、

「さすが、千夏ちゃんのお父さんですね。
バラエティ向きだね」
「お父様の登場も拝見できてか嬉しかったです!」

など父親に対しての反響もあった。

関連記事(外部サイト)