波瑠、自身の在り方について振り返る「気持ちを楽にする考え方も身につけていきたい」

波瑠、自身の在り方について振り返る「気持ちを楽にする考え方も身につけていきたい」

※波瑠オフィシャルブログより

女優の波瑠が8日アメブロを更新。表紙になっている雑誌『saita』の発売を告知するとともに、最近の自身の考え方や生き方について振り返り、思いをつづった。

「saita12月号 発売になりました」と題した投稿で波瑠は「もう11月とは。あっという間にこんな季節に。やる事がたくさんあるのに気付いたら時間が過ぎてます」と振り返り「表紙撮影の時にsaitaファミリーが教えてくださったゲッターズ飯田さんの占いの本をゲットしました」と報告。「あと2ヶ月で2018年っていうのにもびっくりです」とつづった。

続けて本の内容について「細かくいろいろと書いてあります。自分にとって良いことも気をつけなければいけないことも。同じ毎日はなくて、日々違うことが起こるし違う感情が湧き上がります。でも今年は、なんて振り返るのはまだ早い気もするんですけど。笑」とコメント。

さらに「人と話したり本を読んだりすることで、取り巻くものや変わっていく状況に対して 自分がどう在るか を中心に考えることができるようになった気がします。それも成長だし、客観的に自分を観察できるのも成長なのかなと。完璧にそれらができているかと聞かれればまだまだですけれど」と自身について振り返った。

最後は「お仕事も、毎日も、単純な一本道を歩いているわけではないですからね。気持ちを楽にする考え方も身につけていきたいな。とか、ぼやぼやと適当なことを思いながらあったかい部屋で過ごすのは幸せです」とつづり、雑誌『saita』の表紙の写真と、占い師・ゲッターズ飯田の『開運!五星三心占い2018年度版』の本の写真を公開した。

関連記事(外部サイト)