ドラマ『CRISIS』緊迫シーン後の小栗旬・西島秀俊ら特捜班メンバーの記念写真を公開

ドラマ『CRISIS』緊迫シーン後の小栗旬・西島秀俊ら特捜班メンバーの記念写真を公開

※小栗旬×西島秀俊 出演「CRISIS」オフィシャルブログより

毎週火曜よる9時から放送中のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式ブログが、主演の小栗旬ら特捜班メンバーのオフショットを公開した。

9日放送の第5話では、政治家恐喝の証拠を手に入れることを命じられた稲見(小栗旬)が、疑惑の暴力団に潜入捜査を行う。
しかし、今回が初の潜入捜査となる稲見は、自分を弟分として可愛がってくれる暴力団員・沢田(杉本哲太)と接していく内に、次第に人を騙すことに罪悪感を抱くようになってしまう。
さらに、この任務の背後には、少女買春にまつわるジャーナリスト殺害事件が起きた第2話で登場した官房長官・神谷(石黒賢)の邪悪な思惑が…。そんな中、組の一員として認められた稲見は沢田らと共に、危険が伴う薬物の取引現場に同行することになる。

特捜班メンバーが揃うシーンが少なかったという第5話だが、駐車場で撮影された薬物の取引現場という緊迫したシーンのあとの小栗、西島秀俊ら特捜班メンバー5人の記念写真を公開した。

注目の第6話は、11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現す。里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧し、里見の逮捕に躍起になる警察。鍛治(長塚京三)も、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)の姿が。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、警察から身を隠している里見の潜伏先へと向かう。
特捜班のオフィスでは、大山(新木優子)がネット上にワナを張り、早くも里見の居場所を突き止めていた。吉永(田中哲司)から指示を受けた稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)は早速現場へ急行する…

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は5月16日(火)よる9時より放送。

関連記事(外部サイト)