要潤、瀬戸康史の女装を大絶賛「イケますね」「セブンティーン出身のモデルみたい」

要潤、瀬戸康史の女装を大絶賛「イケますね」「セブンティーン出身のモデルみたい」

要潤、瀬戸康史の女装を大絶賛「イケますね」「セブンティーン出身のモデルみたい」の画像

1月11日(木)、フジテレビ系ドラマ『海月姫』(1月15日スタート)の完成披露試写会が行われ、芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加、要潤、北大路欣也が登壇した。

東村アキコ原作の同名コミックを原作とした『海月姫』は、クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの?“クラゲオタク女子”が、とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、新しい自分、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く、新感覚のシンデレラ・コメディ。

イベントでは、女装美男子・鯉淵蔵之介こと蔵子を演じる瀬戸が役作りのために体重を6キロ落としたことを告白。ムダ毛のお手入れにも力を入れていると言い、「手とか、すごく綺麗なんです!」と腕まくりをしてみせる一幕もあった。

瀬戸の美意識の高さには、芳根も驚かされているようで「このドラマでは、瀬戸さんがヒロインだと思っています(笑)。女性として隣にいる感じがしますね」と大絶賛。要も、瀬戸を見るなり「イケますね!セブンティーン出身のモデルみたいですよね」と笑顔を見せていた。

なかでも弟役の工藤は、「毎回言ってるんですけど、綺麗だなぁ可愛いなぁって。」と瀬戸の美しさに惚れ惚れ。「(工藤)阿須加は本当にずっと見てくるんですよ。気づいたら阿須加が見てるっていう。ちょっと怖いです(笑)」と瀬戸がコメントすると、芳根からは「三角関係が変わってきちゃう(笑)」とツッコミが飛び、会場は笑いに包まれた。

そんなチームワーク抜群の現場で主演を務める芳根は、「本番中もみんなで笑いをこらえるのに必死だったり。笑いが絶えないというよりも、爆笑が絶えない素敵な現場です」と撮影を振り返る。さらに、月9という歴史ある枠での座長という立場について記者から質問が飛ぶと、「とにかく現場を愛して、作品を愛して、月海を愛して、”尼〜ず”を愛して、自分にできることを120%やるということがいま、私の一番の目標なので。みなさんと一緒に素敵な作品をお届けできたらいいなと思います」と意気込みを語った。

最後には、1月11日・鏡開きの日にちなんで、キャスト全員で鏡開きを行い、イベントは大盛り上がりのうちに終了した。

関連記事(外部サイト)