市川海老蔵、舞台のため大阪で長期滞在を開始「家族と離れ寂しいです」

市川海老蔵、舞台のため大阪で長期滞在を開始「家族と離れ寂しいです」

※市川海老蔵オフィシャルブログより

歌舞伎俳優の市川海老蔵が29日に自身のアメブロを更新。大阪松竹座で行われる『十月大歌舞伎』に出演するため、現地で長期滞在を開始したことを報告した。

この日「二人は塾です」と、家を出る娘・麗禾ちゃんと息子・勸玄くんの写真を公開した海老蔵。「大変だな」と2人をねぎらい、「私はその流れで大阪へ向かおうと思います」と、台風24号の影響を考慮して、早めに出発したことを報告した。

『十月大歌舞伎』は10月26日まで公演があるため、海老蔵は現地に到着後、長期滞在に備えて「荷物やトレーニング器具の設置、やってました」と報告。「一か月、自分の中での生活スタイルをシッカリ作るために部屋作りから念入りにしました」と部屋の写真を公開した。

続けて海老蔵は「思う存分、お勉強っす」と、机に置いた台本の写真を公開。「家族と離れ寂しいですが、そういう時にしか出来ないことを重ねたいと思います」と前向きにつづった。その一方、翌日の10月1日に更新したブログでは、公園で遊ぶ姉弟の写真とともに、「いい季節になってきたね」とつづり、「冬は離さないぞ」と愛おしそうにつづった。

この投稿に「約一か月の生活の基盤となる場所ですから色々と準備大変ですね」「ご家族と離れて寂しいけれども、日頃出来ないことができる自分時間、とても貴重ですね」「せっかく寂しい思いをして離れているのですから、今しか出来ない事をしないと勿体ないですもんね!」「冬はかんかんやれいかちゃんもパパを離さないよねー」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)