まねきケチャ・松下玲緒菜、「あざとい」「ぶりっこ」と言われ続けた過去

まねきケチャ・松下玲緒菜、「あざとい」「ぶりっこ」と言われ続けた過去

※まねきケチャオフィシャルブログより

アイドルグループ・まねきケチャの松下玲緒菜が7日、アメブロを更新。「私がどうしてそんなにも“アイドル”なのか」を考察している。

「「ナチュラルボーンアイドル」「生まれながらのアイドル」」とファンから言われることが多いという松下。「私は、小学生の頃から『あざとい』『ぶりっこ』とクラスの子によく言われていました。」と過去を振り返り「ああ、私ってそう思われてるんだ。中学生になっても、同じように言われました。」とつづった。

これには松下も「意識して、そうしているいるわけではないのに、なんでこんなにも『あざとい』『ぶりっこ』と言われないといけないんだろう?素の私なのに、これでは受け入れてもらえないのかな?居心地が悪い。」とずっと思っていたそう。その後、小さい頃から憧れていたアイドルになった松下は「みんなが素の私の事を受け入れてくれる、あざとくてもぶりっこでも良いんだ、誰も私を責めない。居心地が良い やっとそんな居場所ができました。」と現在の心情をつづった。

続けて「みんなが私の“素”を受け入れてくれる これがどんなに幸せな事か。夢みたいです。」とつづり「「あざとい」や「ぶりっこ」ってアイドルにとって、なくてはならないものなんじゃないかな? と私は思います。神様が私に最強の武器をくれたって 私はそう思っています。」と持論を展開している。

この投稿に「れおにゃがアイドルに なってくれて、出会ってくれてありがとう」「アイドルになるべくしてなったような性格なのかもね」「初めてれおちゃんを見たとき、すごいアイドルだ!って思いました。」などのコメントが寄せられている。

まねきケチャは2015年に結成。日本ツインテール協会プロデュースの5人組で『NHK紅白歌合戦』出場を目標に結成されたアイドルグループ。

関連記事(外部サイト)