林家たい平 24時間TVマラソンお疲れ様会を報告「人生の宝物」

林家たい平 24時間TVマラソンお疲れ様会を報告「人生の宝物」

※林家たい平オフィシャルブログより

落語家の林家たい平(51)が自身のブログで、今年の『24時間テレビで39 愛は世界を救う』(日本テレビ系)で行ったチャリティーマラソンの総スタッフでお疲れ様会を行ったことを報告した。
師匠であり現在闘病中の林家こん平(73)や今年5月まで『笑点』の大喜利司会を務めていた桂歌丸(80)、さらに『笑点』メンバーに応援されて無事に100.5?を完走したたい平は、

「3ヶ月を共にした皆さんとは
離れがたく、去りがたく
いつまでも話がつきず。

忘れられない夏を一緒に過ごせたことは
私にとって人生の宝物となりました
感謝の一言に尽きます!」

とマラソンの感想を綴った。

お疲れ様会は盛り上がったようで、二次会のカラオケでは最後に、『フルスイング』、『愛は勝つ』、『サライ』を皆で肩を組み大合唱したといい、

「ハートの熱かった夏が
終わりました
ありがとうございました。」

と感謝を述べた。

関連記事(外部サイト)