ドラマCRISIS“最強の敵”金子ノブアキもスイーツで笑顔に 仲良し舞台裏を公開

ドラマCRISIS“最強の敵”金子ノブアキもスイーツで笑顔に 仲良し舞台裏を公開

※小栗旬×西島秀俊 出演「CRISIS」オフィシャルブログより

毎週火曜よる9時から放送中のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式ブログが、“最強の敵”金子ノブアキらの仲良しショットを公開した。

小栗旬が演じる稲見の自衛隊時代の同期で、特殊部隊員・結城役の金子ノブアキが第9話から登場。
「金子ノブアキさん演じる結城が牙をむいた第9話
最強の敵を前に為すすべもない特捜班は、オフィスもろとも爆破されてしまいます
大山は首を傷つけられ、樫井はお株を奪われるような爆破を行われ、そして、
稲見はかつての友と戦う決意を固めます」
と第9話を振り返った。

“最強の敵”の登場に舞台裏の様子も緊迫しているかと思いきや、金子、野間口徹、新木優子がケーキを持ち、後ろには笑顔の小栗が写った写真を公開。
「いや、めちゃくちゃ仲良し
フルーツタルトが結城の暴走を止めたようです」
とストーリーの緊張感から解放され、仲良くスイーツを楽しむ休憩の様子を公開した。

“最強の敵は最愛の仲間だった”規格外の最終話は、稲見(小栗 旬)の自衛隊時代の同期で、特殊部隊員の結城(金子ノブアキ)が隊を抜け出し、テロを企てていることが判明。鍛治(長塚京三)は結城の射殺を辞さないで任務にあたるように命じるが、稲見はかつての仲間に銃口を向けることをためらう。
そんな稲見の気持ちをよそに、結城は特捜班のオフィスに侵入し、大山(新木優子)を脅して閣僚の個人情報を入手。さらに、パイプ爆弾を使って、駆けつけた特捜班のメンバーもろともオフィスごと吹き飛ばし、宣戦布告。怒りに震える稲見は、結城と戦うことを決意する…。

ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』最終話は6月13日(火)よる9時より15分拡大で放送。

関連記事(外部サイト)