吉澤ひとみ 「右胸に違和感」病院でのエコー検査結果を報告

吉澤ひとみ 「右胸に違和感」病院でのエコー検査結果を報告

※吉澤ひとみオフィシャルブログ・ヘッダー

タレントの吉澤ひとみが自身のブログで、乳がんの検診に行ったことを明かした。

吉澤は、

「2週間くらい前から右胸に違和感。。
何だろう…
不安になりました。」
「旦那さんからも一度ちゃんと診てもらってきな。
と言われたので乳腺外科を予約して行ってきました。」

と、胸に違和感を得て、乳がん検診に行ったことを明かした。エコー検査の結果、問題はなかったようだが、

出産時にお世話になった先生に相談してみたところ、

「去年12月に乳がん検診をして問題無かったけど半年経ってるから行った方がいいかもね」と言われ、また夫からも「も一度ちゃんと診てもらってきな」と言われ、検査をしてもらったという。エコーはものの10分で終了し、結果は問題がなかったとのこと。違和感の正体として考えられるのは、

「女性ホルモンのバランスで、
生理前になると女性ホルモンが増えて痛みや違和感が出たんだそうです。
それらを抑える黄体ホルモンがストレスとかで弱まり
違和感が出たのでしょうと言われました」

という診断で、吉澤は一安心したことを記しながら、

「一年に一度は受けていますが、
やっぱり変だな?って思ったら病院に行かなきゃわからない」
「子供を産んでから特に、健康でないと!と思うようになりました。」

と、検査を受けることの大切さを綴った。

乳がん検診については2年前、元プロレスラーの北斗晶は、乳がんを患っていること、そして右乳房全摘出手術を受けることを告白。自身のブログで、

「女性の皆さん、若かろうが年を取っていようが乳癌検診に行ってください!」

と呼びかけるなどし、検診に行く人が増加。また今月9日には乳がん治療中の生稲晃子が横浜市内で行われた「平成29年度 がん検診受診率向上全国大会」に出席。早期発見、早期治療のためには、検診しかないこと、「ぜひ検診を受けてもらいたい」と訴えている。

関連記事(外部サイト)