横浜流星、平野紫耀の親友役で実写映画化『honey』に出演「原作をリスペクト」

横浜流星、平野紫耀の親友役で実写映画化『honey』に出演「原作をリスペクト」

※横浜流星オフィシャルブログより

平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)が主演で2018年春に公開予定の映画『honey』に、『烈車戦隊トッキュウジャー』や映画『キセキ ーあの日のソビトー』に出演し、『グリーンボーイズ』としてCDデビューした俳優の横浜流星が出演することが発表された。

同作は、2012年9月?2015年12月まで『別冊マーガレット』にて連載され、女の子なら誰もが憧れる甘い“初恋”を描き、不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬くんのギャップが、中高生に圧倒的な支持を集めた目黒あむ氏の同名コミックを、『ピーチガール』で長編映画監督デビューした神徳幸治監督が実写映画化する。

横浜は、平野演じる主人公・鬼瀬大雅のクラスメイトで、後に親友となっていく三咲渉(みさき・あゆむ)役。見かけはすごくかわいらしいのに、素直になれないあまりに自分の想いとは違う言動をしてしまう、ちょっぴり毒っ毛のある男の子を演じる。

横浜はブログで、
「原作をリスペクトしてキャスト、スタッフ一同、真っ直ぐな気持ちを持って作品に臨みました。公開はちょっと先ですが皆さんお楽しみに!」
とコメントした。

関連記事(外部サイト)