山崎賢人と広瀬アリスW主演映画『氷菓』重要人物・関谷純役に本郷奏多

山崎賢人と広瀬アリスW主演映画『氷菓』重要人物・関谷純役に本郷奏多

(C)2017「氷菓」製作委員会

俳優・山崎賢人と女優・広瀬アリスがダブル主演する映画『氷菓』に、追加キャストとして新たに俳優・本郷奏多が起用されることが発表された。

本作は累計220万部突破し、ミステリーランキング3冠を達成した作家・米澤穂信氏の原作『古典部シリーズ』の実写化映画。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」がモットーの折木奉太郎(山崎賢人)が、お嬢様で好奇心の塊の千反田える(広瀬アリス)に巻き込まれ、眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく謎解き青春学園エンターテインメント。監督・脚本は安里麻里監督が務める。

今回追加キャストとして発表された本郷奏多は、千反田えるの伯父で33年前に起きたある事件の重要人物である“やさしい英雄”の関谷純役を演じる。本郷は『GANTZ』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』『闇金ウシジマくん Part3』他多数の映画に出演し、若手実力派俳優として注目を浴びている。

本郷は「アニメを観ていて好きな作品だったので、純粋に嬉しかったです。実写化するなら是非みてみたいなと思っていました」と原作アニメのファンだったことをコメント。さらに「安里監督とお会いしてみたかったので、今回ご一緒できて嬉しかったです。心地よい世界観の作品になることと思います。是非楽しみにしていてください。」と語った。

脚本も担当した安里監督は「顔すら出さなくてもいいのではないか?」と最初思っていたそうだが、撮影後は「その決断が本当に正しかったと痛感しております。本郷さんの迫力、説得力は私の頭にあったものを超えていました」とコメント。「天才とはこういう人を言うのかもしれないと感じます。こちらが持っていきたい方向をいつの間にか理解していて、気づいたらこなしてしまっている。聡明で、芝居やアクションの勘が素晴らしく、撮影していて感動する瞬間が何度もありました。本当に魅力的な役者さんです」と本郷を絶賛している。

映画『氷菓』は2017年11月3日全国公開。

関連記事(外部サイト)