ヒャダイン、“乾癬”の辛さを告白「本当に辛くて絶望的でした」

ヒャダイン、“乾癬”の辛さを告白「本当に辛くて絶望的でした」

※ヒャダインオフィシャルブログより

歌手で音楽プロデューサーのヒャダインが9日に自身のアメブロを更新。“乾癬”の疾患を抱える人々に向けて応援ソングを作ったことを明かした。

この日、「ども!僕も患者なんですが 乾癬という病気の患者さん応援ソングを作りました。久しぶりに歌ってミュージックビデオまで撮りました。」と動画を公開。

また「自分は今、専門医に巡りあい、とても良い状態です。しかし、絶不調の時は本当に辛くて絶望的でした。誰にもわかってもらえない孤独感もありました。」とつづるも「ですが、ちゃんとした専門医に診てもらい また、この病気を抱えている人が1人じゃないことを知り さらに、道端アンジェリカさんの告白もあり、とても勇気をもらえたし、前を向くことができました。」と明かした。

続けて「皮膚病は色々誤解されてがちですし、命に関わらないとはいえとても苦しい病です。まだ完治、ゴールテープは見えませんが「晴れゆく道」はあると僕は思います。」と心境をつづり「歌詞の中にある「この肌を誇ろう」なんて思えないかもしれませんが、この肌と共に闘っているみなさんの心の強さをぜひ誇ってください!この歌が少しでもみなさんの光になれればこんなに嬉しいことはありません。尋常性乾癬以外の方も是非聴いてみてください!」と呼びかけ、MVのオフショットを公開しブログを締めくくった。

これに対してファンからは「有名な方々にも仲間がいるんだなって思うとそれだけで心強いです」「晴れ行く道聴きました。乾癬になって長いですが始めて泣きました」「曲もミュージックビデオも、とってもポジティブで元気をもらいました!」「病気の理解が深まり、乾癬の皆様に効果のある治療方が見つかって行きますように!」などのコメントが寄せられている。

“乾癬”は皮膚病のひとつで、中でも“尋常性乾癬”が特に多いといい、皮膚が赤くなる、皮膚が盛り上がる、銀白色のフケのようなものが付着しはがれ落ちるなどの症状がみられる。

関連記事(外部サイト)