瀧本美織『刑事ゼロ』お祝いの弁当に喜ぶ姿に「可愛い」「癒し」の声

瀧本美織、『刑事ゼロ』のお祝い弁当に歓喜 「お肉のお弁当にときめきましたっ!」

記事まとめ

  • 瀧本美織がアメブロで『刑事ゼロ』でお祝いにもらった豪華な弁当の写真を公開した
  • 読者からは「美織さんの幸せな表情からトキメキ感じます」などコメントが寄せられた
  • 『刑事ゼロ』は刑事・時矢役を沢村一樹、瀧本は新人刑事、佐相智佳を演じている

瀧本美織『刑事ゼロ』お祝いの弁当に喜ぶ姿に「可愛い」「癒し」の声

瀧本美織『刑事ゼロ』お祝いの弁当に喜ぶ姿に「可愛い」「癒し」の声

※瀧本美織オフィシャルブログより

女優の瀧本美織が31日に更新した自身のアメブロで、近頃「ときめいた」出来事を紹介した。

現在、木曜ミステリー『刑事ゼロ』(テレビ朝日系)に出演中の瀧本は、この日第4話が放送され、「一週間早いなぁ…」としみじみした様子。「大人になって時が経つのがあっという間に感じるのは、子どもの頃のようにトキメキを感じることが減っているかららしい!と、お友達から聞きました」と述べた。

瀧本は「そういう理由だったんだ!」と納得した様子でつづり、「慌ただしい毎日の中でも、ときめくことを大切にしたいね」とコメント。「私は最近、テレ朝さんからお祝いにいただいたお肉のお弁当にときめきましたっ!」と、豪勢な弁当を手にした笑顔の写真などを公開した。

この投稿に「豪華なお肉のお弁当、美味しそうですねぇ?」「お弁当を前に可愛いです」「お弁当にときめく気持ちは良く分かりますが、そんな美織さんに毎日ときめいて生きています」「美織さんの幸せな表情から凄くトキメキ感じます。素敵なお写真・癒しをありがとうございます」「「刑事ゼロ」第4話、今回も楽しませていただきました」「来週の5話がもう、早く観たい」などのコメントが寄せられている。

『刑事ゼロ』は、ある事件をきっかけに刑事になった直後からの“20年間”の一切の記憶を失ってしまった刑事・時矢暦彦(ときやれきひこ)が、経験に基づかない“生まれたての五感”と“洞察力”を頼りに、思いもよらないアプローチで事件を解決へと導いていくというストーリー。俳優の沢村一樹が時矢を演じ、瀧本は時矢のバディとなる新人刑事、佐相智佳(さそうともか)を演じている。

関連記事(外部サイト)