妊娠25週の鈴木亜美 子宮頚管が短いと指摘され自宅安静

妊娠25週の鈴木亜美 子宮頚管が短いと指摘され自宅安静

※鈴木亜美オフィシャルブログより

妊娠中の歌手・鈴木亜美(34)が、現在の体調についてブログで報告している。鈴木は、来年1月に出産予定でただいま、妊娠25週目だという。検診を訪れると、赤ちゃんはすくすくと育っているが、

「子宮頚管が短いらしく、自宅安静と言われてしまいました!立っていることがダメなので、トイレ以外は寝てます…」

と自宅で安静にしていなければならいことを明かした。鈴木は、家事を夫に全部任せ、医師からOKの指示が出るまでは安静にしていくと自宅では動かない決意を表明している。検診の結果を受けて少し気を落としたようだが、

「そんな中、ちょっとヘコんでる私に旦那さんからプレゼントが届きました!!
開けてみると、、
お揃いのadidasのスニーカー
可愛い?
ありがとう
嬉しいなっ」

と夫からの気遣いでプレゼントをもらったことを報告し、喜んでいる。鈴木は今年7月、一般男性と結婚。第一子を妊娠していることも同時に発表した。鈴木がブログで明かした子宮頚管は、短いと切迫早産の確率が高まる傾向があり、絶対安静となることが多いようだ。

これまでに、有名人ではタレントの吉澤ひとみ(31)や女優の釈由美子(38)などが妊娠中に子宮頚管が短いと指摘されたことを過去に明かしている。

関連記事(外部サイト)